山口県議会議員 二木健治 Officeal web site

価値工学(Value Engineering) 

  • HOME »
  • 価値工学(Value Engineering) 

■ 価値工学(Value Engineering)とは?
日常の問題を分析し、定義、評価を行い、問題の解決を図る手法です。
1947年米国のゼネラルエレクトリック社が、アスベストに替わる不燃材の開発を行ったのが最初です。

政治的問題を調査分析し、政策立案を行い、問題の解決を図ることができます。行政の固定概念を壊し、先例主義や日常業務を見直し、省コストで効率的な新しい行政システムの創造に取り組みます。

例えば、「価値工学」でまちづくりを考えるとどうなるか?

■ オズボーンのチェックリスト法で列挙すると…

●例えば、歴史に学ぶとどうなるの?
  毛利元就の「3本の矢」の教えから産学官の連携が計られる

●例えば、大きなものを小さくするとどうなるの?
  ナノテクノロジーでビジネスチャンスが生まれる

●例えば、逆転の発想で考えるとどうなるの?
  少子化のおかげで教育効果の高い30人学級が実現できる

●例えば、子どもやお年寄り、障害者の目線の高さで
  まちを見るとどうなるの?
  子どもやお年寄り、障害者の視線に立てば
  バリアフリーや人に優しいまちづくりができる

Page 13 / 13«1213

カテゴリー

  • facebook
Copyright © 山口県議会議員 二木健治 All Rights Reserved.
Powered by WordPress